非常用トイレ

危険なトイレ事情

  • 危険なトイレ事情
  • 被災直後、トイレは我慢できない

  • 地震が起きると、水洗トイレの多くは使用できなくなります。東日本大震災では、67%の人が6時間以内にトイレに行きたくなりました。
    水や食料は我慢できても、トイレは我慢できません。

    すぐに使えるトイレが必要です

    発災から何時間でトイレに行きたくなったか(回答:36人)
    出典/「東日本大震災3.11のトイレ 現場の声から学ぶ」
    (調査:日本トイレ研究所)

  • 「すぐに使えるトイレ」対策は進んでいません

  • 自治体では、食料や水の対策は進んでいますが、
    すぐにトイレの対策は進んでいません。
    東日本大震災では、仮設トイレが3日以内に行き渡った自治体はわずか34%でした。
    仮説トイレはすぐに来ません。

    トイレに行きたい、でもトイレは使えない。どうしますか?

    仮説トイレが被災自治体の避難所に行き渡るまでの日数(回答:29自治体)
    出典/「東日本大震災3.11のトイレ 現場の声から学ぶ」
    (調査:日本トイレ研究所)

  • 「すぐに使えるトイレ」がないと…

  • 被災現場では、流すことのできないトイレで用を足し、
    トイレは汚物で溢れかえってしまいました。
    汚い、臭い、虫の発生…と衛生環境が悪化。
    感染症の温床となった悲惨なトイレのそばでの生活を強いらせました。

    すぐに使えるトイレの準備は万全ですか?

    避難所に設置されたトイレ

  • ▲PAGE TOP

被災地ボランティア学生(目黒星美学園)さんとの開発秘話

  • 非常用トイレセット開発被災地ボランティアに取り組む学生さんたちの意見

    被災地ボランティアを続けてきた、目黒星美学園が災害時の「トイレ問題」を考え、女子生徒の発案で誕生した簡易トイレにBOSが使用されています。
    彼女達からの意見をもとに、学校や大型施設などの避難所に適した500回分を開発。「吸水シート」のアイディアも取り入れ、「BOS非常用トイレセットシリーズ」が完成しました。

  • ▲PAGE TOP